スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

園庭について

3月から4月にかけて園庭のリニューアルを行いました。樹木を新たに20本以上植え、三輪車の周回通路と園庭の中心にウッドデッキを設置しました。園庭のリニューアルを行う上で参考にしたのが、「なぜ誰もがマツダスタジアムに魅了されるのか?設計に隠された驚きの7原則とは」というタイトルの記事です。マツダスタジアムとは、昨年セリーグ2連覇を決めた広島東洋カープの本拠地で、2009年にオープンした球場です。ここに書かれている7原則は、こども環境学会代表理事も務めておられる建築家の仙田満氏の影響を受けたものです。仙田氏は保育園の設計もされており、私も以前に保育学会でお話を聞いたことがあります。仙田氏はもともと公園や遊具の設計を数多くしてきていたこともあり、講師時代には学生に遊具を造らせて、実際に幼稚園に持って行かせ、子どもたちに遊んでもらうというワークショップをやっていたそうです。子どもというのは素直なもので、遊ばれる遊具と遊ばれない遊具がはっきりと分かれるそうで、この違いはいったい何なのかを研究した結果導き出されたのが、マツダスタジアムにも取り入れられた7原則です。



①循環機能があること
②その循環(道)が安全で変化に富んでいること
③その中にシンボル性の高い空間、場があること
④その循環に“めまい”を体験できる部分があること
⑤近道(ショートカット)ができること
⑥循環に広場が取り付いていること
⑦全体がポーラス(多孔質)な空間で構成されていること


この7原則は、園庭作りにも大いに参考になりました。先週から新しい園庭で子ども達が遊び始めましたが、職員曰く子どもたちの遊び方がこれまでと大きく変わったようです。この7原則にそって、当園の園庭を整理したいと思います


①循環機能があること
循環とは、「ひとめぐりして、もとへ戻ることを繰り返すこと。」これは、今回設置した周回通路が当てはまると思います。記事の中にも「遊具の研究の中で、行き止まりがあると基本的に子どもはそちらの方向には行こうとしないそうです。ずっと先まで続いているような循環機能があると、自分の行動に制約がなくなったように感じ、人はつい動きたくなる」と書かれているように、子どもたちが同じルートをぐるぐる回るのを楽しんでいるように見えます。




最新の投稿

シンガポール研修4日目

シンガポール研修3日目

シンガポール2日目

シンガポール

インフルエンザ

英才教育

もったいない

aibo

大寒

園見学